離乳食

ワーママさんには子どもの手づかみ食べをオススメしたい

先日児童館でお会いしたママさんから「手づかみ食べっていつからさせましたか?」と質問を頂きました。

手づかみ食べって食卓が汚くなるイメージで敬遠しがちですが、しかもワーママさんにオススメしたいのが手づかみ食べです!

今日は娘の体験談を踏まえながら手づかみ食べについて書こうと思います。

娘が好きなメニューも記載しましたので、是非ご参考頂けると嬉しいです。

手づかみ食べを始めた時期

娘は生後8ヶ月から手づかみ食べを始めました。

うちの娘の場合、娘自ら手づかみ食べを始めました。

確か卵がゆだったと思うのですが、スプーンによそって「あーん」と口元に近づけたら手でつかんでくにゃくにゃ遊んでから食べ始めました。

手や顔中が卵がゆでベトベトになってしまった姿を見た私は「あちゃー。。。」と思いましたが、せっかく本人が興味を持って始めたのでそのまま好きにさせました。

手づかみしやすいメニューを用意して欲しい

娘は自分がつかみやすい大きさの固形を見ると好んで手づかみします。

反対にうどんやパスタなど細くてつかみにくいものはすぐに諦めます。

なので、娘に合った手づかみしやすいメニューを用意したところ、パクパク食べてくれるようになりました。

そんな娘が好きな手づかみメニューがこちらです。

【娘が好きな手づかみメニュー】

海苔サンド、ハンバーグ、おやき、お好み焼き、豆腐、

つかみやすい固形の野菜や果物(さつまいも、大根、かぼちゃ、バナナ、キウイ、

リンゴ)

特に海苔サンドはオススメのメニューです。

オススメしたい理由は、簡単に作れてアレンジがきくからです。

作り方は本当に簡単で、ごはん(お好みの具材を混ぜたごはんもOK)を海苔で挟んで食べやすい大きさにカットすれば出来上がり!

一番左が海苔サンド、真ん中の白いのが豆腐、右にある黄色いのがサツマイモです。

 

ちなみに娘が好きな海苔サンドのアレンジメニューはこちらです。

【娘が好きな海苔サンドのアレンジメニュー】

・納豆(我が家ではひきわり納豆を使用)

・鮭&おかか

・小松菜またはほうれん草&おかか

・しらす&おかか

この一品だけで炭水化物、たんぱく質、ビタミンなどの栄養を摂取することが出来るのでオススメなんです。

私は忙しい時やぐったり疲れた時は、色々な具材を混ぜた海苔サンド+果物またはヨーグルトで一食とする時があります。

持ち歩きやすくて、汚れにくいのも嬉しい

外出先の食事として海苔サンドをお弁当箱に入れて持っていくことがほとんどです。

ラップに包んでお弁当箱にポン。

崩れにくいし、汚れにくいので外出先の食事にはもってこいだと思います。

余ったらおやつに出来る

1歳くらいの子どものおやつは補食言われていて、3回の食事で足りていない栄養をおやつにあげると良いって保健所の離乳食講座で聞きました。

なので、我が家では海苔サンドが余ったらおやつにしています。

手づかみ食べは全然めんどくさくなかった

始める前はなんだか手づかみ食べをさせるのがめんくさかった私ですが、海苔サンドに出会ってからは楽で楽で仕方がないですw

汚れるイメージが強かったんだと思いますが、やってみないと本当に分からないものですね!

これから手づかみ食べの時期を迎えるママさんもどんどんチャレンジされることをオススメします。