子どものお通じ事情

悩むことが多い赤ちゃんの便秘対策

何かと忙しいワーママさんには少しでも悩みを減らすことをオススメします。

ということで、今回はよく他のママさんと話題になる赤ちゃんの便秘について書こうと思います。

これまで我が家の娘は便秘で悩んだことがありません。

なので俗にいう綿棒刺激をやったことがありませんし、便秘外来へも行ったことがありません。

私なりに取り入れている便秘対策などをご紹介して、便秘で悩んでいる赤ちゃんをお持ちのママさんのご参考になれればと思います。

娘のお通じ事情

娘は生まれてからずっとお通じがいい感じです。

とは言え、お通じが無い日もあります。

ですが、お通じが無い日は長くて2日で、3日目には解消されるので悩みになったことが無いんです。

周りのママさんには「新聞紙敷いて綿棒刺激したんだけど、大変だったー。」とおっしゃる方が何名かいて、そんなママさんに娘の便秘知らずを話すと決まって「うらやましー!」と言われます。

もともとお通じに悩みがないお腹を持って生まれてきたのかもしれませんが、それでも普段便秘を意識して取り入れていることがあるので、それらをご紹介したいと思います。

意識して水分をとること

我が家の場合は常時麦茶をマグマグに入れて用意しています。(ちなみに現在1歳の娘はストローのマグマグを使用中)

そして麦茶は常温のものを飲ませています。

外出する時も持ち歩いていて、30分くらいで済むような近くのスーパーでの買い物にも持って行って、1~2回飲ませようとします。もちろん飲ませようとしても飲まない時もあります。

水分を取ることは大事ということを伝えるために、こまめにマグマグを渡しているんです。

食事に食物繊維を取り入れる

1歳の娘はまだ離乳食を食べていて、1日3回食です。

その3回の食事には必ず食物繊維を取り入れています。

具体的な食材はこちらです。

【娘の食事に取り入れている食物繊維】

納豆(ひきわり納豆)、さつまいも、バナナ、リンゴ

以前書いたワーママさんには子どもの手づかみ食べをオススメしたいという記事でもご紹介した娘が好きな海苔サンドの具材でもあります。

お気に入りの海苔サンドは特にパクパク食べてくれるメニューなので、スムーズに食物繊維を取り入れることが可能なんです。

なので、お子さんが好きなメニューに食物繊維を取り入れることをオススメします。

規則正しい生活心掛ける

最後はこれ。規則正しい生活を心掛けです。

子ども本人にも毎日お通じをすることを意識してもらいたいので、体内リズムや生活リズムを整える為に規則正しい生活を意識しています。

特にワーママさんのお子さんは就寝時間が遅くなりがちだったり、時間に追われることがあると思います。

お子さんにお通じをする時間を与えられるようにする為にも、規則正しさを意識することをオススメしたいです。

特別なことをしないで便秘知らずになろう

綿棒刺激をしなくても、便秘外来に行かなくても済むように、私は日常生活に便秘対策を取り入れています。

簡単に効率よく日常生活に取り入れることが可能な対策ばかりなので、ワーママさんにも取り組みやすいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。