娘のねんね改善

これがあれば安心!赤ちゃん安眠グッズのススメ

娘と私がねんね改善を通してかかせなくなった安眠グッズや関連グッズをご紹介したいと思います。

娘が寝る時にないとママが不安になるくらいの必需品、ここまでねんね改善を続けられてきたのはこのおかげとも言えるお役立ちグッズのご紹介です。

肌触りの良いガーゼタオル

まずおススメしたいのはコレ!

寝てるときに口をチュパチュパする赤ちゃんって多くないですか?

我が家の娘もまさにそうで、肌触りの良いガーゼタオルを口でチュパチュパすると落ち着いたり、眠りにつき始めるので必需品となっています。

ベビーカーでお出掛けする時も愛用しています

ちなみにこの肌触りの良いガーゼタオルは、娘が生まれた時から使っています。新生児の頃はおくるみとして、ベビーカーでお出掛けする時はひざ掛けとして、ちょっと肌寒い時にはふんわりかけてあげたりと、生まれた時からずっと身近な存在です。

寝室に1枚常備していますが、洗濯して寝室に用意するのを忘れて寝かし付けを始めたことがあるのですが、その時はかなり焦りました。。。

慌てて取りに行きましたが、それくらいこのガーゼタオルは必需品です。

麦茶

クールダウンするらしい

寝かし付け時の授乳をやめる時に代わりに用意したのが麦茶で、それ以降寝室へ移動する時に一緒に持って行っています。

娘の場合は寝ぐずりや夜泣きをし、後頭部が熱くなってきた時に飲ませると飲んでくれることが多いです。

クールダウンするのか、飲んだ後はガーゼタオルをチュパチュパし始めて眠りにつき始めます。

なので麦茶も用意していないと私が焦ります。

ちなみに麦茶はマグマグに入れて用意しています。

スリーパー

ねんねの時間のはじまりはじまり

スリーパーを着せて寝かせているのですが、寝かし付けが始まる前に「そろそろねんねしようねー。スリーパー着るよー」と声掛けをしながら着せていて、どうもスリーパーを見るとねんねが始まると認識しているようです。

目をこすったり、おとなしくなったりするんです。

スムーズに眠りの態勢を作ってくれるので、スリーパーもオススメしたいグッズのひとつです。

また、寝室では娘の寝床にどうしてもエアコンの風が向いてしまうので、風邪を引かせない為にも必需品です。

ママの記録用ノート

スケジュールを見直す時に役に立った

娘ではなくて私の必需品で、記録用のノートがとても役に立っています。

何時に起きて、何時に食事をして、何時に寝かし付けを始めて、何時に眠りにつき始めたのかなどなどを毎日ノートに書いています。

娘の1日のスケジュールを見直す時に役に立ちますし、日々の寝かし付け開始時間をチェックする時や日中の睡眠時間が決まっているので朝寝と昼寝はそれぞれどれくらい寝たかをチェックする時にも役に立っています。

あとはたまに過去の記録を見てニヤニヤする時もありますw

早起きが減った時や10時間以上まとまって寝た時の記録をひとりでニヤニヤしながら見ていますw

もうホントに嬉しくて嬉しくて。涙

【番外編】夫の協力

実はこれが一番安眠に必要なんじゃないかと思う

お世辞抜きで夫の協力があったからこそ、ねんね改善が続いているのだと心底思います。

寝室は真っ暗だし、私が日中の睡眠にうるさいし(日中にちゃんと寝ないと夜に響くことがあるので)、何よりもひとりじゃ頑張り続けられなかったと思うので本当に夫には感謝しています。

しかも、我が家は家族3人が同じ寝室で寝ているので夫の協力が不可欠でした。

ちなみに夫はねんねが改善された娘について「前よりだいぶ良くなったね」って言ってくれています。

夜遅くまで仕事で忙しい夫の為にも、ねんね改善に取り組んで本当に良かったなと思います。

まとめ

安眠に必要なモノは特別なものではなくて、愛用品

娘を見ていると、安心して落ち着いて寝る為に必要なモノは、特別高価なモノやなかなか手に入らないモノではないんじゃないかと思います。

生まれた時からの愛用品や落ち着きを取り戻せるモノが安眠に繋がっていると思います。

ぜひご参考になれば嬉しいです。