仕事術

事務仕事を早くこなすたった2つの方法

こんばんわ!

忙しいママ起業家さんの為の業務アシスタントの三宅まさえです☆

初めましての方はぜひプロフィールもご覧ください^^

==========

突然自分で言うのもなんですが、私は会社員時代から「仕事が早い!」と言われることがよくあります。

(自分で自分のハードルを高くしてるみたいで書くことが恥ずかしいですが、ここは思い切って書きます!)

その仕事の早さを高く評価して頂いた機会が何度かありまして、お相手の為になったのだろうから評価して頂けたと思うので私もとても嬉しいです。

そこで今日は、「仕事が早い」と言われるたった2つの方法があるのでお伝えしようと思います。

誰にでも出来ることなので明日から、いえ、この記事を読み終えたらスグに実践できます!

是非最後まで読んでくださいね☆

この2つを抑えると「仕事が早い!」と言われるようになります

1、仕事を書き出して優先順位を決める

2、締め切りが近い順に対応する

以上です!

「たったそんなこと?!」と思われるかもしれないですが、本当にこの2つなんです。

シンプルで単純かもしれませんが、この2つを意識することでみるみる事務仕事が終わります。

1つずつ説明していきますね。

仕事を書き出して優先順位を決める。

様々な仕事を同時進行するアシスタントにとって、優先順位を決めることはとっても大事なこと。

しかもアシスタントの仕事は幅広いですよね。

メール対応をしたり、セミナー会場を予約したり、情報収集したりとあちらこちらに目を向ける必要があります。

なので、私はお仕事を承ったら、今自分がボールを持っているお仕事を付箋に書き出します。

そして、優先順位を決めて高い順に対応し、終わった仕事には線を引いて消します。

こうすることで漏れが防げ、終わった仕事にしるしを付けることで達成感を感じることも出来ます。

また、私は仕事を可視化するとちゃきちゃき手が進むタイプなので、そういった意味でも書き出すようにしています。

締め切りが近い順に対応する。

私はアシスタントの仕事が好きで、その中でも得意な仕事や特に好きな仕事があるので、そういった仕事から対応を始めていた時期がありました。

ですが、ふとある時に、「いや、待てよ…」って思ったんです。

「そもそも私のお仕事は依頼してくださったお客様のお仕事だから、私目線を優先にするのは危険なんじゃないか?!」と思ったんです。

このことに気付いてからは「お客様にとってどうなのか?」を意識するようになり、その結果締め切りが近い順に対応するようになって、ひいては仕事が早いと言われるようになっていきました。

要は意識が大事

いかがでしたでしょうか?

「仕事が早いと言われたい!」という方に少しでも参考になれたら嬉しいです。

私の実体験に基づくので、もしかしたらこの方法が合わない方がいるかもしれません。

特に2つ目の締め切りが近い順位に対応することに関しては、得意な仕事や好きな仕事から始めるのも大事かと思います。

そういった仕事から始めるとモチベーションがアップしそうですもんね。それはそれで仕事が早く終わりそうな気がします。

そう思うと、要は意識が大事なんじゃないかと思います。

仕事を早く終わらせたいならその理由や動機を理解すると、早く終わるのではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。

それではまた^^